大門佑紀のブログ

~引きこもり生活からベストベンチャー100・東証1部上場企業内々定を取った男の話~

【限界突破プレゼン】大門佑紀が61418人の前で理念・visionを語ります!!


突然なんですが、

僕、61418人の前で自身の活動や理念・VISIONを語らせて頂けるオファーを貰いました。

 

詳しい日程は現在詰めている途中なので、決まり次第またご報告させて頂きます。

 

 

。。。。

 

いま、皆さんが考えている事を当てましょうか?

 

ほんとに61418人にプレゼンするの?

 

ですよね?

 

ぶっちゃけると、半分正解で半分違います。

 

61418人の目の前でリアルでプレゼンするのではなく、Facebookの生ライブとしてカメラを通して語らせてもらいます!!

 

で、そのFacebookページについてる「いいね」の数が61418なので、その人達のFacebookページには僕のライブが出てきます!(笑)

 

なので、全員見る可能性もあるし、シェアなどでその数以上にもなるかもしれません。

(もしかしたら、大爆死するかもしれませんが。。。)

 

 

ちなみに、このメディアでは通常だと芸能人やプロスポーツ選手、アーティスとなどが出ていて

昨日も、よしもと所属のお笑いコンビの方がライブ配信していました!(笑)

 

なので、変なメディアではありません!

 

なぜ、有名人が出るような配信に、僕が出る事が可能になったのか?

 

実績だけだったら僕はまだまだなんですが、理念やVISIONがしっかりしていて、それに向かってキチンと行動している所をオーナーさんがとても評価してくれたみたいです。

改めて理念やVISIONを発信する事はとても重要だと気付いたし、そういった処から色々な話が舞い込んでくると思います。

シンギュラリティに耐えられる人材に成長出来るツアーがあるらしい

昨日、PR系の会社で新規事業を立ち上げている方とカフェでお話して「シンギュラリティ」の話になりました。

シンギュラリティ(Singularity)とは、技術的特異点の事で人工知能が人間の能力を超えることで起こる出来事。人類が人工知能と融合し、生物学的な思考速度の限界を超越することで、現在の人類からして、人類の進化速度が無限大に到達したように見える瞬間に到達すること

参考文献:ウィキペディア

 

 

超簡単に言うとAIが仕事をする時代です。

人間が行っている簡単な仕事はとって変わられるでしょう。その分、人間は好きなことができます。

 

でも、人間の価値は?仕事が無くなったらやばくないですか?

 

事実、人間がAIに勝てるのは「発想力」 つまり0→1の思考です。

AIは情報処理は出来ますが、0→1は出来ないので。。 事実、今後企業で求められる人材も以下の通りです。

 

  

 f:id:yuuki2262:20170720115300j:image

 

では、この発想力やチャレンジ精神、行動力はどこで身につくのか?

 

限界突破ツアーです。 来月8月22日から25日までの能登半島ツアーを行います。

 

 

 

f:id:yuuki2262:20170720115324j:image 

 

これもです

 

 f:id:yuuki2262:20170720115336j:image

 

BBQです。

 

 f:id:yuuki2262:20170720115439j:image

 

 

こんな感じですね。

 

 

詳しい内容は明日報告します。

今日は頭だけ。。。

あなたはどのタイプ?ゲーミフィケーションからみるタイプ別教育法

 

 

分かりやすく言うと、ゲーム理論です。

ゲームと聞くと、子供の遊びや、暇つぶしってイメージがあるかもしれませんが、実はゲームの中には「人を熱狂させる技術や心理ステップ」があります。

 

今回、ゲーム理論を使って教育制度やコンテンツを作る為にゲーム理論の本を2冊読みました!!

 

で、今回はタイプ別の教育方法を簡単にですがシェアするの良かったら使ってください!!

 

…………………………………………………………………………………………
達成感が大好きなアチーバータイプ

 

夢中になるもの:目標。

達成欲がとても強いので、困難な事に挑戦するのは好きですが、成長している実感の出ない簡単な事を続けるのは苦手なタイプです。

成績では、目標を達成できたかどうか?前回よりも成績が上がったか、下がったか?を気にします。

 

良い対応:少し高い目標設定

あいまいな目標や、低い目標だと頑張れないので、ある程度努力出来ないと達成できない目標設定が良いでしょう。

 

かける言葉:

前回よりも○○上がったじゃん。

目標達成できたね。

目標には××点だね。どう改善する?

 

…………………………………………………………………………………………


探求が大好きなエクスプローラータイプ

 

夢中になるもの:自分の興味。

自分の好きなものに時間を忘れて取り組む。未知なものを知りたい。経験したことが無い事を経験したい。

 

良い対応:一緒に考えたり、新しい興味のヒントを与えるようなコミュニケーション

順位や勝敗にあまり興味を持たないケースが多い。なので褒めるポイントを間違えると信頼を失うかも。

 

かける言葉:

○○ってこんなところにも応用されているんだよ!

△△ってなんでこうなったんだろうね。

 

…………………………………………………………………………………………


勝負事が大好きなキラータイプ

 

夢中になるもの:勝ち負け

ライバルと競い合う事に楽しさを感じ、ライバルに勝つことでモチベーションが上がります。

ライバルとギリギリの接戦で勝つことで優越感を感じ勉強を継続させるぽいんとになります。

 

良い対応:切磋琢磨できるライバル設定

競い合いたいと思える相手や自分と同じかそれ以上の実力者がいる環境に身を置く。

 

かける言葉:

今回は、◆◆さんよりもいい成績とれたね!

今日はグループの中で一番成績良いね。

 

…………………………………………………………………………………………


仲間が大好きなソーシャライザータイプ

 

夢中になるもの:仲間との関係。

仲間と交流しているのが好き。目標に対しての逆算などは苦手だが、仲間と一緒であれば目の前の事に向かって進むことは頑張れる。

 

良い対応:環境作り

周りの仲間に影響されやすいので、環境作りには注意が必要。仲間で共通の目標を持って、一丸となって頑張れるような環境が理想

 

かける言葉:

平均よりも良い点を取ったね。

仲の良い○○さんと同じ目標を達成できたね!

 

 

 

こんな感じです!!

ちなみに僕はキラータイプです!(笑)

 

 

次回は、実際にどんな事を行ったら、ゲーム理論で教育が加速するのか書いていきます。

 

 

本質思考のない理由

 

今回、僕の所属しているコミュニティで開催した合宿で、かなーーーーーり出来なかった事が多かったんですよね。

 

その場その場で、行動して、あとからその対応良くないよね?というご指摘も色々な方から頂きました。

 

 

なぜ、いつも当日に慌てるのか?今回自分が一番問題だと思った事&勉強なった事でもあります。

 

結論から言うと、

やる事1つ1つに目的・ゴールをキチンと明確化していなかった。

 

今回の合宿で言うと

 

 

合宿の目的は

コミュニティの組織融和

 

僕はこれで終わっていました。

 

 

合宿全体の目的決まっていましたが、その中のコンテンツ一つ一つに目的・ゴールを設定していなかったから、なあなあの雰囲気になってしまいただコンテンツをこなすという事になってしまった。

 

初日の夜に行った飲み会でもそうです。

組織融和という目的なら、初日にまだ話せていない人との交流や、理念・VISIONを語るといった事を全体に共有して飲み会を行っていたが。

 

僕は、飲み会やります!カンパーイ

 

こうしてました、、、

どうなったかというと、ふつーの大学生の飲み会みたいになりかけました。(多くの助けのおかげで軌道修正出来ました)

 

飲み会の目的・ゴールを明確にし、それを開始する時に共有してるかどうかでクオリティはかなり違います。

 

まあ、上記は飲み会の例ですが、それ以外にも合宿中に多々同じような事がありました。

 

 

問題はいっぱいあったけど、原因は全て同じ

 

やる事1つ1つに目的・ゴールをキチンと明確化していなかった。

 

 

 

 

以上、合宿の反省です!

良い会社の社員は自分より優秀な奴を自分の会社に紹介しているらしい

 

 

 優秀な会社が優秀である所以

 

なぜ、BCGやアップル、グーグルには特Aランクのランクの優秀な人だけがいるのか?

 

 

 

 

 

それは「紹介制度」のおかげです。

 

 

 

 

実は、、、

もともと在籍しているAランクの社員が自分より優秀だと思うやつを自分の会社に紹介しているんです。

 

 

だからBCGやアップル、グーグルには優秀な人が集まれる会社になっています。

 

 

 f:id:yuuki2262:20170702222931p:image

 

 

グーグル社の採用の掟にも書いてありますね!

 

 

 

 

もちろん自分より優秀な奴が自分の組織に入ってきたら、脅威になります。

 

でも、脅威になる以上に、一緒に仕事をするのは挑戦しがいがあるし、ワクワクもします。

 

 

 

自分が仲間を増やす時に、自分より優秀な人を巻き込むのをワクワクと捉えることが出来るかどうかで、その組織が良い組織になるかの分岐点になるかもしれませんね。

出来ない事を出来ないと言うA君と、出来ない事を出来ると言うB君。やばいのはどっち?

 

 

 

 

お疲れ様です。

本来は、マッキンゼーやグーグルなど常に優秀な人で溢れる組織で取り入れられているリファーラルリクルーティング(紹介採用)について書いていこうと思っておりましたが、、

 

色々理由があり、内容を変えました。

 

 

それについては日曜日に投稿します。

 

まあ、理由は最後に書いてるので、、、気にせず読んでください。

 

 

 

はい。本題に戻ります。

 

 

しつもーーーーーん!!

 

・出来ない事を出来ないと言うA君

・出来ない事を出来ると言うB君。

 

やばいのはどっち?

 

そして、あなたはどっち?

 

 

 

 

結論から言うと、B君の方がやばいです。

 

 

もし、あなたがB君ならこの記事を読み進めてください。

 

 

なぜ、ヤバいのかを先に話しましょう。

純粋に信頼を失うから。

 

 

イメージし辛いと思うので、ちょっと会話で考えましょう。

 

先生「来週までに課題のABCやってきて!」

 

A君「先生。ABは来週までに間に合いますが、C出来ません」

 

B君「先生、余裕っす。ABCの他にもDEFもやってきますね」

 

 

 

 

来週の時点で2人ともABの課題しか出来ませんでした。

 

 

 

 

Aさんは先週の予想通りに、B君はだいぶ目標より低くなりました。

 

 

 

同じ結果でも、印象は違います。

 

 

B君は自分でハードルをあげて、自滅しました。

 

 

 

これは信頼を失ってしまいます。

 

 

 

 

 

次は経営で例えて見ましょう。

 

この事業に出資してください。

・1年後に100万売上が出ます。

・1年後に500万売上が出ます。

 

 

で、結果は300万売上ました。

 

前者と後者で印象は変わります。

 

前者なら、100万目標が300万!?凄いじゃんってなるし

後者なら、300万か、、だいぶ目標より低いね、、

 

こんな感じです。

 

同じ結果でも、印象は変わります。

 

 

 

僕が今回言いたい事はただ1つ

 

 

言った事は守ろう。

その為に、身の丈では無いデカイ事を意図もなく言わない事。

 

 

もし、やるならキチンとそれが達成されるようにSGを立てるなり、途中で修正するなりする事。

 

 

 

ちなみに僕がこの記事を書いた理由として

 

毎週水曜日と日曜日はユーザーノートを書くと宣言しましたが、失敗した為、ブーメラン記事を書きました。

あれから3年。。

 

お疲れ様です。

 

 もうあれから3年経ちましたね。

 

 

 

 

そう。100人イベントです。

 

 

 

f:id:yuuki2262:20170627095243j:image

 

 

懐かしい

 

 

思い返してみたら、今よりも3年前の方が努力してたかもしれない

 

 

死に物狂いでやってたし、本当に背水の陣だった。

 

 

 

 

でも、今はどうだろう、、、

 

 

 

 

果たして、本気でやってるのか。

 

 

 

 

自分の中では、本気でやってるつもり

 

 

そう

 

 

「つもり」なんだよね。

 

 

 

 

これじゃ、まだまだ自己実現出来てないのも納得だわ。

 

 

 

 

3年前の自分に追いつけるように本気でやっていきます。