経営を知ると人生が捗るよ!

~経営という手段を用いて仕事・私事の両サイドで使える話を書いていきます~

自信の作り方

f:id:yuuki2262:20190122222727p:plain

 
こんばんは!今日もブログ書いていきます。
 
 
 
今回は「自信の作り方」について
 
 
最近、思ったんですが外を歩いていると自信の無さそうな人を多く見ます。

就活生やイベントで出会った人達もみんなそうです。

 

 

話しているこっちが不安になってくる。。。

 

 

 

ただ、人の事は言えない、、、

 

 

 

と言うのも

  

僕自身も、自分に自信が無かったので!
 
 
 
気持ちは分かります。
 
 
 
思考のブレーキがかかりまくって何も出来ない人間でした。
 
 どうせ無理とか、だるいが口癖の人間でした。
 
 
 
 
でも、今は改善しました。

 

 

 

今日はその方法をシェア出来ればと思います。

 
 
 
 
 
 
結論から言うと答えは2つあります。

 

1.日々の小さい努力の積み重ね
2.限界突破の体験
 
をするだけです。
 
 
 
 
まぁ、いきなり言われても分からないと思うので、

 

ラグビー部の人達を想像してみてください。
 
 
うるさくて、デカくて、汗臭い奴らです。(ラグビー部の人いたらごめんなさい)
 
 
 
でも、彼らって、自分に自信ある人が多い印象受けませんか?
多分、 モジモジしてる人はいません。

 

 

 

何故でしょうか?

 

 

そうです。

 

 

彼らが自信を持っているのは、毎日行っているめちゃくちゃきつい練習の賜物です。
それで、さっきの1と2をクリアしてるからなんですよ。

 

 

 会話でイメージしましょう

 

 

ラグビー部A

「うわっこれはヤバい事になったな。キツそう。。。」

 

ラグビー部B

「でも、いつもやってる練習に比べたら楽勝じゃね?]

 

 ラグビー部A

 「そうだね!笑」

 

 

 

多分こんな感じ。

 

 

 

めちゃくちゃキツイ練習を毎日繰り返してる人からしたら、ちょっとした困難なんて全然楽勝なんですよ。むしろ修行タイムが来たとかポジティブな捉え方すらしていることも。

 

 

 

まぁ、ラグビーじゃなくても全然大丈夫です。

毎日ブログを書くとか、毎日30分ランニングするとか、

 

 

 

3日とかなら自信は付くイメージは湧かないと思いますが、想像してみてください。

 

 

 

 

3ヶ月、6ヶ月、1年間を毎日継続できた自分を。

 

 

 

 

成功体験や突破体験はプラスの感情を作ります。
 
だからこそ、1と2を実践していくと自信が作られるんです。

 

 

 

なので、
 
 
具体的な施策として 
 
・毎日何か同じ事を継続して、小さい成功体験を積む。
・今までの限界を突破する体験をしてみる。

 

 

 

 これ、やってみてください。
 
 
 
もし、あなたが自信を付けたいと思っているのなら人生が変わるかもしれません。

モチベとか言ってる暇あるなら、ルール設定しろよ!

 

f:id:yuuki2262:20170611234455j:plain

 

 

まあ、楽しい話はさておき、、、

 

連続ブログ更新が止まりました。。。。

 

 

 

約束を破ってしまいとても悲しい。。

 

 

なので、今日から再スタートさせていきます。

 

 

 

今日のお題は

 

 

そうだな

 

 

「ルール設定」について書いていこう。

 

 

 

おっと、その話をする前に!

皆さんはモチベーションってどんな感じで聞いたりするかな?

 

 

 

「今日、モチベ高いから本気出すわ」

 

とか

 

「モチベ上がらないからやる気でない」

 

とか、聞いたことはあるんじゃないかと思う。

 

 

ちなみに、モチベーションの意味は「行動の心理的な原動力」らしいです。

  

 

まあ原動力が無いと、たしかにやる気でなさそう。

学生にありがちなやつだね。 

 

 

モチベーションアップのために本やセミナーとかでは「モチベーション」を上げようぜ!

って言ってくるわけですよ。

 

とりあえず気合いみたいな。 

 

 

でも、僕は気付きました。

モチベが高いとか低いとか使ってる時点で微妙なんだよね。わりかしマジで。

 

 

1流の人って、そもそも、モチベーションの概念が無いですよ。

例えば、イチローがモチベが低いから素振りしない!っていうと思いますか?

 

 

言わないですよね。

 

 

素振りはルールにして習慣化しているから、モチベーションが高くても低くても関係ありません。

 

ルールがあれば嫌でも動かなければいけないので!(笑)

 

 

 

一流の人が重要視している事は、モチベではなくルール設定

 

ルールで自分を管理する。みんなもやってみよう。

 

 

 

 

今日は眠すぎるのでこれで終わり!!!

 

まずは自分が楽しい事を想像しようぜ!

f:id:yuuki2262:20190122223005j:plain

 

こんばんわ!

 

今日も投稿遅くなってしまいましたが、ブログ書いていきます。

(今回の話は諸事情により正確には書けないのでオブラートに包んでいます)

 

 

今日は自分の行っているツアーメンバーと勉強会!!(^^

最近、組織論で学んだことや、ワークショップなどをしていました。

 

 

で、相談されました!

 

 

メンバーの一人の悩みで「VISIONが描けない」と、、、

 

「VISIONが上手く描けないからどう行動していいか分からない」と、、、

 

 

話をよく聞いてみると、まだ将来やりたい事も明確ではないみたい。

 

 

 

まあ、分かります。

僕ももともとはやりたい事が無かったり、作りたい世界なんてなかったから。

 

 

同じ悩みを持っていた仲間だからこそ力になりたいので、考えました。

 

 

で、答えた。

 

真面目な事を考えて出ないなら、まずは楽しく考えよう。 

 

自分の好きな事・楽しい事あるっしょ?

 

まずはそれ想像すればいいじゃん?

で、その楽しい事がどうすれば実現できるか考えようぜ!

 

内容?何でもいいよ。ホントに何でも。

 

 

例えば???

 

質問攻めだね君。

 

じゃあ、 合コンにしとく?きみ、そーゆーの好きそうだもんな!

 

 

じゃあ、今度はその光景を想像してみ?

 

時間は夜の9時。新宿のおしゃれなダイニングバーで女の子5人と合コンの真っ最中。

良い感じで盛り上がっている。

 

 

うん。楽しそう。

 

  

じゃあ、どうやったらその光景を実現できるのだろう?

 

 

まず、合コン相手を探さなきゃだよね。

 

次に女の子に人気なお店を予約って感じかな?

 

で、第一印象をよくするために服を買いに行ったり、あとは仲間と打ち合わせか!

 

 

 

こんな感じ。イメージが分かれば構成要素もわかってくる。

白紙からどうすれば、自分のイメージする写真を写せるだろうか?と。

 

 

こんなレベルで良いんだよ。自分の好きな事で良いからまずは想像してみよう。

 難しい事はこれが出来るようになってからだ!

どの山に登るかで人生の半分は決まるって知ってましたか?

f:id:yuuki2262:20161012112749j:image

 

今回のテーマはずばり「準備」です。

 

1.高尾山

2.富士山

3.エベレスト

 

この3つの山に登る時に、あなたは全部の山に対して同じイメージを持ちますか?

 

高尾山なら軽い気持ちで登れる方が多いと思います。

富士山は、ちょっと難しそうと思う人が増えると思います。

エベレストだったら、もしかしたら死ぬかもしれないと思う方が多いと思います。

 

何が言いたいかと言うと

どの山に登るかで事前に行う準備ってかなり変わりませんか?

 

高尾山なら軽装で特に準備は要らないかもしれません。

富士山ならちゃんと装備をして気を引き締めなけれいけません。

エベレストならかなりの装備と訓練、そしてもしかしたら死ぬかもという覚悟が必要です。

 

でも、これって人生でも同じ事が言えると思うんですよね〜

 

レベルが高い低いは置いておいて、、

 

教育なら教育業界の山に登る準備を

飲食なら飲食業界の山に登る準備を

経営なら経営業界の山に登る準備を

 

しなければいけないと思います。

 

でもほとんどの大学生が自分がどの山に登りたいのか分かってないし、分かってても準備を出来ていないと思います。

 

人生において選択肢って無限だと思うし世界にある山の数よりも多いはずです。

 

だからこそ、、

自分の登りたい山がどんな山で、どんな準備が必要なのかも考えた方が良いかもしれませんね! 

 

リーダーに必要な3要素とは、、、

f:id:yuuki2262:20190122222727p:plain

 

おはようございます。

大門です。

 

今日はリーダーの方や、リーダーを目指す人向けに、

リーダーに必要な3要素とは何かを書いていきます。

 

正直、リーダーに必要なスキルは色々あるとおもいます。

 

例えば、プレゼンテーション力・論理的思考・課題発見力・課題解決力・マネジメント力・リーダーシップ・臨機応変対応力etc…

 

ちょろっと出すだけでかなりの量が出てきます。

 

ただ、僕が1番必要だと思う事は、

 

 

圧倒的な「カリスマ性」です。

 

 

なぜなら

カリスマ性があれば、能力を持った人が集まってくるからです。

そうすれば、自分ですべての能力を身に付ける必要はありません。

 

この投稿を期に、人が集まってくる人になりましょう。

 

そうなれば、すばらしいですよね。

 

 

では、どういったらそんな人になるのでしょうか?

 

大門の思うカリスマ性の3つの構成要素

 

①人を受け入れる心の余裕がある

②自分の軸(判断基準)を持っている

③自分に圧倒的な自信がある 

です。

 

❶人を受け入れる心の余裕

 

人は「自分を受け入れてくれる人」に従ってしまう傾向があるそうです。

受け入れるということはその人を肯定するということ。

 

あなた自身の人生を振り返ってみてください。

あなたが信頼できた大人、先生、先輩、上司とは、
どんな人だったでしょうか?

 

共通することは、
「あなたのことを認め、まず肯定してくれた人」が多いのではないしょうか。

 

ただ、

これが仕事などになるとなかなか難しくなってしまうものです。

 

「なんでできてないんだよ」「はやくやれよ」「いや、全然違う」

などなど、相手を頭ごなしに否定から入ってしまうと良くないです。 

 

多くの人がついつい否定してうからこそ、

まず肯定してあげる人が現れた時により惹きつけられてしまうのかもしれません。

 

 

 

②自分の軸(判断基準)を持っている

 

 

人は何を考えているか基本的には分からないですよね。

 

そういった中で、人が集まってくる人に必ずある物は、理念です。

 

「海賊王に、俺はなる」

「火影になる」

 

など、漫画の主人公たちも目標を掲げているからこそ、

仲間が集まってくるのです。

 

自分はこういった事を成し遂げたい。こういった事をやりたい。

そうすると、その理念に賛同した人が集まってきます。

 

全員を仲間にする必要はありません。

自分の価値観や世界観に人を巻き込むのです。

 

 

 

③自分に圧倒的な自信がある

 

カリスマ性のある人は自分に自信があります。

これは自分の軸がきっちりと決まっていればいるほど自信もついてきます。

 

仮に、自信が見せかけだとしても、

それを周りには伝えず、「自分はできる」と信じこむのです。

 

言い換えれば自己暗示をしている状態ですね。

最初ははったりかもしれませんが、自分を信じて行動し続けていけば

 

仲間が増え、出来る事が広がり、結果が出てくるので

後に本物の「自信」に変わります。

 

 

 

結論

 

リーダーに必要なカリスマ性がある人とは、

軸が決まっており、自信はあるが、同時に他人を受け入れる心の余裕も持った人です。 

 

 

あなたはいくつ当てはまったでしょうか?

もし、自身で足りないと思う項目があれば、ぜひ意識してみてください!