経営を知ると人生が捗るよ!

~経営という手段を用いて仕事・私事の両サイドで使える話を書いていきます~

2018年の抱負

f:id:yuuki2262:20160913212536j:plain


 

今年も残すところ、あと30分。

あと30分で2018年に突入します。

 

2017年は色々あったなーと振り返り。

 

 

 

 

・戦略コンサルの経営者の方とインキュベーションコミュニティの構築

・コアキングスペースの取締役就任

・スタディーツアーを開始し、参加者50名超え

・教育事業を開始。メンバーも着々と増え

・大学生150名以上のキャリア相談

 

 

などなど

結構やっている!(笑)

 

当時は大変だったけど、今思うと楽しい思い出に変わっていたりする。

 

 

そして2018年の目標

 

 

・スタディーツアーの参加者200名達成

・30名以上の企画のコンサル

・仲間がいつでも集まれる場所の作り

・事業の株式会社化

・学生のキャリア相談200名

 

 

これを達成しようと思います。

また来年この記事を読んだときに「余裕だったなー。もっと目標を上げとけばよかった」そう言える人間になっておきます。

 

 

 

 

 

大きな一歩を踏み出す為に、まずは小さくても良いから実績と経験を得よう。

f:id:yuuki2262:20180823090647p:plain

 

お疲れ様です。

大門です。 

 

最近、「実績と経験」の積み重ねって大事だなと改めて感じてこの投稿をしました。
 

今回は僕が過去開催していたツアーを絡めながら、

なぜ実績と経験が大事だったかを描いていきます。



そのツアーでは、フィールドワークとして、様々な企画に挑戦しながら、

自分の人生を考えさせるといったものでした。

 

石川県の輪島では

 

プライベートビーチ付きの古民家で認定NPOと共同で行いました。

日本文化遺産のキリコ祭りへの参加や農業体験、イカダ作りなどを通して町おこしを行いました。

 

f:id:yuuki2262:20190210162540j:plain f:id:yuuki2262:20180826192415j:plain


ベトナムでは

日本人が経営する企業や銀行、日本語学校への訪問を行いました。
  

f:id:yuuki2262:20190325215656j:plain f:id:yuuki2262:20190325215732j:plain

 

いまとなってはかなりの実績となっておりますが、、

 

実は、、

最初はこんな事が出来なかったから、

高尾山に登っていたり山手線を徒歩で一周しながら会を開催していたんですよね!

 

なぜ、高尾山や山手線から能登半島やベトナムでツアーが開催出来るようになったかというと、実績と経験をキチンと意識していたからだと思います。

 

ツアー初期の問題は

ツアー開催場所が無い。という事

 

そう。ツアーって開催場所が必要なんですよね。

 

僕の原点である、親友との山梨ほったらかし温泉へのチャリ旅は山道をママチャリで100キロ以上漕ぎながら人生設計を考えるといったものでした。今やってるツアーもそれをベースに意識しているわけなんですが、、

 

ただ、それって再現性ないし、大勢は連れて行けないので、ちゃんと泊まる場所とか確保したうえで人生考えさせたり、いつもしない事にチャレンジさせたいなーって考えていたんですよね。

 

まあ、ツアー開催時は開催場所のアテが無いのと、あっても開催できない。

 

理由①実績が無い

実績が無いと、外部の人と交渉する時に信用も信頼もされない。

当然、相手との交渉も通りにくくなる。

 

理由②経験が無い

経験が無いと、感覚・判断軸が作れない。

机上の空論だと、自分の発する言葉に説得力が無いし、重みも感じられない。

 

 

0ベースだとなかなか大変なので、どうしようか考えた結果

 

 

とりあえず、近場で良いし、チープで良いから1人で出来るツアーを開催しようと決めました。

 

で、小さいツアーを開催しているというエビデンスを作って、新しく開催したい場所に交渉しようという流れです。

 

そんな感じで、まずは高尾山や山手線一周徒歩ツアーをしながら人生設計やったりして経験値を貯めたり、写真撮ってエビデンスを作る。

 


 

で、その次に、以前関わりのあった石川県の地域活性化をやっているNPOにメッセンジャーでツアーを開催したいという旨の連絡をして能登半島ツアーを開催しました。(ここで高尾山や山手線の話を出していたわけです)

 


 

ただ、ここでまたまた新しい問題が発生!!

 

能登半島・ベトナムツアーは場所が遠い&交通費が高い

PRとしては使えるけど上手く運用出来ない。バスで約10時間って事や長期休みでしか使えない事を考えると定期開催は厳しそう。

 

  

なので、解決策!!

 

能登半島・ベトナムツアーのエビデンスを使い、もっと近場の地域に関わりある人にPRしまくる。(ここで、石川県の新聞に載った事やプロ野球選手や吉本の芸人・AKBなども出ているメディアに取り上げられた信頼を使う)

 

結論から言うと色々な人のツテで地域活性をしたい人を紹介してもらい、新たに群馬の甘楽町って所でツアーを開催できるようになりました。(新宿から電車で2時間です。)

 

 

 

小さい企画でも開催し続ければ、実績と経験が出来るので、あとは交渉を繰り返せば、どんどん大きい事が出来るようになっていきます。

 


 

大きな一歩を踏み出す為に、まずは小さくても良いから実績と経験を得よう。

 

ハングオーバーって映画知ってる?僕が作りたいのは、奴らのような「人生を楽しんでる人」です。

f:id:yuuki2262:20180823102513p:plain

 

前回、400名の前で事業のプレゼンをさせて頂いてすごく勉強になったし、良い経験を出来ました。


ただ、やっぱ3分って短いなー

言いたい事が伝えきれない!(笑)

 

 

 


なので、伝えたい事を書いていきます。

 



  

ハングオーバーって映画知ってる?僕が作りたいのは、奴らのような「人生を楽しんでる人」です。

 

 


  

【以下説明】

いいかげんにしなさい!とツッコまれても、全然懲りない大人たちがみっともないハプニングを繰り広げる爆笑・史上最強のエンターテイメント映画『ハングオーバー』シリーズ。これまで世界27カ国で公開初登場1位、ゴールデングローブ賞(コメディ/ミュージカル部門)では最優秀作品賞受賞など、全世界で共感と爆笑の嵐を巻き起こし、爆発的なメガヒットを記録

 

あまりにもアホすぎる流れが面白くてクセになるコメディ映画、それが『ハングオーバー』シリーズ。ラスベガスでお酒を飲んだことからすべてが始まるんですが、詳しい内容は映画を見てください。

 

 

 

まあ、僕はこのシリーズの映画が大好きなんですが、その理由は。

 

こいつらの人生が、馬鹿あり・友情あり・笑いありで面白いから。

 

 

人生が面白いってことは、人生が楽しいと思える。

 

 

僕は、人生を楽しめる人を増やしたいです。それがどんなモブキャラでスタートしたとしても。

 

  

僕は人生って一種の映画だと思うんですよ。

その【人生】っていう名の映画を面白くするのも、くそつまらなくするのも自分次第だと思っています。

 

 

要は、どんなモブキャラでも人生を面白くする事は出来るし、楽しむことも出来るんですよね。

 

 

「死ぬ時に、自分の人生という映画を見返して、もう好きな事をやるだけやった。後悔していない。そう、納得して死ねるか。俺は死ぬ時に後悔したくないから、何か選択肢があった時に常に面白くなる方を選択し続けているよ!!」

 

 

僕が人生に悩んでいた時に、親友に言われた一言です。

 

 

この言葉を言われて、率直に自分の人生に納得出来ないと思った。

だから、納得するために頑張ったし、頑張れた。

 

人生は良い事ばかりじゃなく、心が折れたことは10000回くらいあるけど、それも映画には必要な要素だと思ったら気が楽になったし今となっては映画としても面白くなったと思う!(笑)

 

だからこそ、今度は僕が「人生を楽しんで、死ぬ時に納得できる人」を増やす番だし、それが使命だと思っている。

 

 

よくよく考えてみれば、僕の親友達はみんな自分の人生を楽しんでいた。

 

 

 
  

f:id:yuuki2262:20180823090910j:plain



  

ある奴は、海外が好きで、世界中バックパックを行う。大学卒業後から去年までカンボジアでホテルの立ち上げや、現地の日本人をターゲットにした和食レストランの経営を行い、今年の8月からは虎ノ門で自分の会社を興し、順調に行ってるみたい。

 

ある奴は、大学を中退して、24時間美少女フィギュアを作っている。(そいつの部屋は四方八方フィギュアだらけ)一回フィギュア会社に就職したけど、アニメ業界全体がブラックの業界の為、会社も辞めフリーでフィギュアを販売中。将来はアニメ業界に革命を起こす予定。

 

ある奴は、医学部浪人で6年くらい浪人生(ニート)やってるけど、なぞに芸能人とかと繋がりが有ったりする。これから新しい事やるみたい。

 

 

そう。

僕の親友達は大学卒業→就職という、いわゆる普通の人生を歩んでいない。

 

良くも悪くも自分のやりたい事をやって人生を楽しんでいる。

 

僕はこいつらが大好きだし、そもそも僕が成長とか頑張っていた理由は、こいつらみたいになりたかったから。

 

 

今度は僕が与える番だ。

 

 

なんども繰り返しちゃってるけど、「人生を楽しめる人」を増やしたいと思っている。

 

僕の大好きな親友達のように、、、

 

 

そして、ただやりたい事をやらせて人生を楽しませるのではなく、経済的にも死なないようにサポートして独り立ちさせるまでが僕の使命かな。

 

 

それが出来たら僕は納得して死ねるな。

 

 

「主人公になる3要素」

今日のお題は「主人公になる3要素」

 

なんだと思いますか?

 

 

集客・営業・リピートですか、、、

それは売上を練り上げる3要素です(笑)

 

 

答えを言います。

 

 

僕の思う、主人公になる3要素は以下の3つです。

1.人生設計があるか。

2.スキルがあるか。

3.チャレンジ精神があるか。

 

分かりやすくワンピースのルフィで例えましょう。

 

1.人生設計

海賊王に俺はなる。


 

2.スキル

ゴムゴムの実・覇気


 

3.チャレンジ精神

常に格上と戦う(例:七武海、4皇、海軍など)


 

 

イメージ付きましたか?

ちなみにワンピースのルフィじゃなくても、漫画の主人公は大体こういった力を持っています。

 

 

つまり何が言いたいのか。

それは、漫画の主人公みたいになりたいと思っているのなら3要素を揃えなければいけません。

 


 

主人公になる3要素は3つ揃わないと意味がありません。

人生設計とスキルがあってもチャレンジ精神が無ければ、いつまで経っても主人公になれません。

 

もし、3要素が揃っていない人がいるのならば、そろえましょう。

教育事業を始動させるに至った、僕の【原体験】

f:id:yuuki2262:20180823094712j:plain

 

まだまだ、僕の事を知らない人が多くいると思うので、今回は僕自身の事を書いていきます。



 

今の自分に自信が無い・チャレンジする前から諦めている人を

自身の理想の人生を歩める人に進化させたい

 

つまり

 

 

自信無い人に「モブキャラの人生」から

「主人公の人生」になって欲しいんですよ。

 

 

こんだけしつこく言うのには、僕の原体験が絡んでいるからです。

 

 

時は遡る事、小学5年生

 

大阪に住む大門佑紀くん

基本的に人気者で常にグループの中心人物。イエーイ

 

がしかし、

 

東京に引っ越したことがキッカケでコミュ障になる。

 

その後

 

・グループで話すのが苦手。

・人の目を見て話せない。

・新しい事にチャレンジ出来ない。

・マイナス思考。

・味方じゃない人をすぐディスる。

・引き籠る、、、etc

 

僕はこんな人間になってしまった!(笑)

 



 

大学1年の夏休み明けには半年くらい家で引き籠りも経験しました!(笑)

 

当時は、自分自身「このままだと人生やばいなー、どうしよう、、、」

 

と思いつつも、どう行動すればいいか分からない。というか、行動も出来ない。

 

人生詰んだな、、そう思っていた時に

 

高校の親友にチャリ旅を誘われた。

八王子から、山梨県のほったらかし温泉まで90キロ(※真冬の山道でママチャリです)

   

  

まあ、そんなチャリ旅をしてる時に、親友に人生設計をしてもらったんですよね。

 

友人「お前はホントは何がやりたいんだ?」「じゃあ、どうやったらそれが実現するんだ?」などなど

 

一緒に自分の人生がどうやったら上手くいくのか考えました。

 

 

そして、最後に言われた一言

出来るか出来ないかじゃない。やるかやらないかだ!

 

 

この一言をチャリ旅で聞いた事がキッカケで「自信の無い自分」を変えることに成功しました。

 

いまでは

 

「モブキャラの人生」から

「主人公の人生」になりつつある。

 

 

だからこそ、昔の自分みたいな

 

自分の事をモブキャラだと思っていて人生諦めている奴を開花させたい。

 

 

そんな事を、ずっと思っている。

 

でも、思っているだけでは実現しない。

 

 

なので、教育事業を立ち上げることにしました。

個人的にこの人とは一緒に仕事したくないなーって思った人特徴ベスト3

f:id:yuuki2262:20180425181702j:plain

 

普段は言わないし、書かないけど


最近、色々な人と一緒に仕事をしている時に、個人的にこの人とは一緒に仕事したくないなーって思った人特徴ベスト3を書きます。

 

  1. 言い訳ばっかりして、結局何もやらない人
  2. チームの事、相手の事を考えないで、自分のwinばかり考える人
  3. 周りの助けがあってこその「今の自分」という事に気付いてない人

 

 

①言い訳ばっかりして、結局何もやらない人

プライドが高いのか、その仕事がやりたくないのか分からないけど、何かにつけて言い訳ややらない理由を作って結局「やらない」。

正直、やりたくないなら、やりたくないって言えばいいし、そのチームにも所属しなくていいと思う(空気悪くするので)

 

○○だから~はキツイって言う人はその典型。

 

その逃げ癖は本気で直さないと一生残るし、社会に出てからめちゃくちゃ苦労すると思う。

 

 

②チームの事、相手の事を考えないで、自分のwinばかり考える人

相手に価値を与える気が無いのか分からないけど、チームの事、相手の事を考えての行動が出来てない。

自分が~だから、自分は~だと思うって言う人がよくいるけど、違うって!(笑)

 

相手視点で考えなきゃいけないんだから、自分の視点で考えちゃダメでしょ。

 

 

③周りの助けがあってこその「今の自分」という事に気付いてない人

いつも周りからの助けがあるから、今の自分が成り立っている事に気付いてますか?

まさか、自分の力で今の自分が成り立っていると思ってないですよね?

周りからのサポートが無くなった時に、今の自分を維持できるのか考えましょう。

 

維持出来ないなら、周りの人に感謝して、どうやったら価値を返せるのか考えて実行しましょう。

 

 

 

もし、一個でも当てはまるなら直しましょう!

全部当たり前のことです!これが出来ないと人と一緒に仕事が出来ないし信用も増えません。

もし、全力で頑張っているのに行き詰っている人がいるのなら【環境】を変えてみると良いのかもしれない。なぜなら僕はそれで変わったから。

f:id:yuuki2262:20170813133104j:plain

 

もし、全力で頑張っているのに行き詰っている人がいるのなら【環境】を変えてみると良いのかもしれない。なぜなら僕はそれで変わったから。

 

僕は現在、限界突破ツアーというものを開催しています。

 

限界突破ツアーは、自信が無い・チャレンジする前から諦めてしまう人達を対象に、旅を通して人生設計や個人チャレンジ、チームビルディング、など「自信の無い自分」を変えるキッカケを与えるイベントです。

 

ターゲット:自信無い人・チャレンジ出来ない人

雰囲気:ワイワイ・楽しい

コンテンツ:チームビルディング・人生設計・個人Mission
 

みたいな位置付けかな。

 

 

f:id:yuuki2262:20180826192415j:plain



限界突破ツアー自体は今年の2月からスタートさせて累計参加者52人になりました。

運営メンバーもちょくちょく増えて、チームの結束や文化浸透も結構強くなっていると思います。

 

外部に目を向けると、最近は元プロ野球選手や芸能人などが出演しているメディアに出演させてもらい動画の再生回数は2000を超えていました!(笑)

 

また、限界突破ツアーで使える開催地として新たに下記の場所が使える事になりました。

群馬県→僕のVISIONを語った結果、民泊施設を無料で使える。

高知県→三原村という場所で東京ドーム9個分のゆず農家さんが受け入れてくれる。(※交通費無料!!)

 

と、まあ高知県は遠いのでツアーをやるかどうかは置いておいて限界突破ツアースタートから6ヵ月ちょいで組織マネジメントや外部交渉など結構進んだと思います。

 

でも、こんなに進むようになったのは環境を変えたからです。

 

去年は、めっちゃ努力はしているつもりだったけど、全然結果が出ていなくて、ぶっちゃけ今の活動を辞めようとも思っていました。

 

例えば、僕の場合、本質思考が無いので、何か問題にぶつかった時に解決策を考えるのですが、思いついたものをすぐに実行するという癖がありました。つまりモグラ叩きです。

 

結果の方程式で言うと、

努力90×考え方0,5=結果45みたいな感じです。

 

だからこそ、努力はしているけど全然結果が出ない!(笑)

 

 

で、、、

 

このままだとマジでやばいなーって思い、師匠に相談しました。

 

色々話を聞いてもらい、、、

 

最終的に、、

「あとはどこの環境でやるかだよね。」

 

 

って感じの言葉をかけてもらい今年から師匠の元で修行をしている訳です。

 

環境を変えてから

本質思考→物事の考え方。選択肢をプラスマイナスの総合で判断

説明方法→起承転結とか、人に伝わりやすい説明の仕方

企画方法→再現性・継続性のある企画の設計方法

顧客第一主義→常に相手の視点に立って、相手のプラスを考える

人を巻き込む→どうやったら仲間や外部組織が協力してくれるのか?

マナー・etc

 

沢山の学びがありました。

最初は自分の能力とのギャップに苦しみましたが、徐々に環境に慣れてくるのと同時に結果も出始めました。

 

 

僕の場合、去年まで「我」でやって死にかけていました。

もし同じように「我」でやっていたり、全力でやっているけど行き詰っているって人がいるのなら【環境】を変えてみるのも1つの手だと思います。

 

VISIONを語れないのなら自己実現は諦めなさい!!

f:id:yuuki2262:20180826184004p:plain

 

 

VISIONを語れないのなら自己実現は諦めなさい!!
 

 

最近、マジで思う事です。

 

このブログを読んでいる人の中には「やりたい事」や「叶えたい夢」を持っている人がいると思いますが、そのvisionを発信出来ている人って意外と少なかったりします。

 

実際、SNSや友達・知人の前で自身の事や理念・VISIONを発信している人って多くないですよね。

 

 

ぶっちゃけた話

 

VISIONを発信出来ていないのなら自己実現の為のチャンスは来ません。

 

なぜなら、相手はあなたのVISIONややりたい事を知らないからチャンスをあげれない。

 

そう

 

誰かがいくら良い情報を持っていても、あなたの事を知らなければ情報シェアは出来ませんよね?

 

なので自己実現は出来ない。
 

 

逆に

 
VISIONを語る人はどうなるのか?
 

僕の友達は、海外の東南アジアで仕事をしたいというビジョンを語っていたら

カンボジアでレストラン経営やホテルの立ち上げの仕事を出来たりできました。

(そいつは現在、虎ノ門で会社を経営しています)

 

 

僕の場合だと、上にも書いている通り、限界突破ツアーというツアーを運営していて、

チャレンジ出来ない人を、出来るようにしたいというVISIONをいつも語っているわけなんですが

 

地方からのオファー(宿泊先)を頂いたり、元プロ野球選手や吉本の芸人さんなどが出ているメディアに出演させて頂いたりと、自己実現に向けて結構進んでいます。

 

 

でも、それって僕がやりたい事をみんな知っているからなんですよね。

 

知っているから、何かあった時に僕に紹介してくれます。

 

 

何か情報や面白い人を見つけた時に

「あ、そーいや大門君って子がいたなー。その子と話し合うかも」って相手が思うわけです。

 

 

そこまで行けば勝ち。

 

 

visionを発信して

自分=〇〇のイメージを作る。

 

 

ちなみに僕のイメージは、旅×人材教育。自信ない人向けのビジネス。限界突破とか、、

 

 

こう言ったイメージを作っているから、上記の内容に引っかかる話を紹介してもらえるわけです。

 

 

 

ここまで読んだ人ならもう分かっているはずです。

visionを発信する事が自己実現に対しての大きな一歩になるという事を

 

 

visionを発信出来ていない人は発信しましょう。

visionを発信出来ている人はもっと発信しましょう。

 

 

チャンスを掴む人は、例外なしに発信をしています。