メンタルトレーナー 大門佑紀のブログ

~引きこもり生活からベストベンチャー100・東証1部上場企業内々定を取った男の話~

本質思考のない理由

 

今回、僕の所属しているコミュニティで開催した合宿で、かなーーーーーり出来なかった事が多かったんですよね。

 

その場その場で、行動して、あとからその対応良くないよね?というご指摘も色々な方から頂きました。

 

 

なぜ、いつも当日に慌てるのか?今回自分が一番問題だと思った事&勉強なった事でもあります。

 

結論から言うと、

やる事1つ1つに目的・ゴールをキチンと明確化していなかった。

 

今回の合宿で言うと

 

 

合宿の目的は

コミュニティの組織融和

 

僕はこれで終わっていました。

 

 

合宿全体の目的決まっていましたが、その中のコンテンツ一つ一つに目的・ゴールを設定していなかったから、なあなあの雰囲気になってしまいただコンテンツをこなすという事になってしまった。

 

初日の夜に行った飲み会でもそうです。

組織融和という目的なら、初日にまだ話せていない人との交流や、理念・VISIONを語るといった事を全体に共有して飲み会を行っていたが。

 

僕は、飲み会やります!カンパーイ

 

こうしてました、、、

どうなったかというと、ふつーの大学生の飲み会みたいになりかけました。(多くの助けのおかげで軌道修正出来ました)

 

飲み会の目的・ゴールを明確にし、それを開始する時に共有してるかどうかでクオリティはかなり違います。

 

まあ、上記は飲み会の例ですが、それ以外にも合宿中に多々同じような事がありました。

 

 

問題はいっぱいあったけど、原因は全て同じ

 

やる事1つ1つに目的・ゴールをキチンと明確化していなかった。

 

 

 

 

以上、合宿の反省です!