大門佑紀のブログ

~引きこもり生活からベストベンチャー100・東証1部上場企業内々定を取った男の話~

天才以外は「我」でやるな。雑魚は守破離を徹底しろ!!


  
日本人でも夢や志があり、自己実現したい人って意外と多いと思います。

 

でも、自己実現をする為に成長しなければなりませんよね。

 

ただ、成長のスピードって人によって全然違います。

 

もちろん、以前から経験があった、ポテンシャルが高いなどの理由はあると思いますが。。

1番関係するのは、、、、

 

守破離」を徹底できているかどうか?僕はこれだと思っています。

 

 

ちなみに守破離とは?(Wikipedia参照)

日本での茶道武道芸術等における師弟関係のあり方の一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。個人スキル(作業遂行能力)を3段階のレベルで表している。

まずは師匠に言われたこと、を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身とについてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。

 

  • 守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。 ~ 自律的に作業を遂行できる(1人前)。
  • 破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。
  • 離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。

 

 

あなたの周りにもいるはずです。何故か爆発的に成長している人が

そんな人達は「守破離」を出来ていませんか?

 

先輩に言われた事を素直に受け入れ、型を守りひたすら修行する。

それが、成長への最短ルートです。

 

逆に「我」だとどうなると思いますか?

 

まず、自分の進んでいる道が正解か不正解か分かりません。

また、間違った場合に時間・お金・労力を失います。

 

何でこんな事が言えるのか?

 

それは、僕自身が去年まで「我」でやっていた人間だからです。

 先輩たちの言う事を聞かず、勝手に動いてました。

 

今だから言えるけど、「我」でやって、めちゃくちゃ後悔しています。

物事の考え方がズレすぎていたんですよね。それに気付け無いから結果も出ません。

 

本気で時間・金・労力を無駄にした。。。あと信用も。

 

 

結論、自分の個の力というものに限界を感じました。

 

僕は守破離を徹底しました。。
 


どうなったのか?

 

めちゃくちゃ学びました。(まだまだ足りないけど)

特に考え方の型を、、、

 

 

今だからこそ思える事があります。

僕は「守破離」を行うのが遅かったからこそ、これから夢に向かって頑張っていく人にこの話をシェアしたいなと。

 

仮にあなたの大学生活が10年あるなら「我」でやっても良いかもしれません。無駄に失敗が出来るから

でも、普通10年なんて無いですよね。

 

だったら、少しでも自己実現に近づける「守破離」を徹底しませんか?

 

あなたは

死ぬ時に、「あの時に守破離を徹底しておけばなー」って人にはならないでください。

 

せっかく、こういった環境にいるんだから型を学んで志を叶えてください!!