メンタルトレーナー 大門佑紀のブログ

~引きこもり生活からベストベンチャー100・東証1部上場企業内々定を取った男の話~

REBOOTを始動させるに至った、僕の【原体験】

ご紹介致します。REBOOTのリーダー大門佑紀さんです。

 

 

今日はちょっと趣向を変えたキャッチコピーにしたんですがどうですか?

(昨日、スタバでキャッチコピーの本を読んでいて、思いつきました。。。)

 

 

と、まあ、、

 

そんな話はどうでもよくて、、

 


まだまだ、僕の事を知らない人が多くいると思うので、今回は僕自身の事を書いていきます。

  

昨日も書いた通り

僕の一貫した思いとして

 

今の自分に自信が無い・チャレンジする前から諦めている人を

自身の理想の人生を歩める人に進化させたい

 

つまり

 

 

自信無い人に「モブキャラの人生」から

「主人公の人生」になって欲しいんですよ。

 

 

こんだけしつこく言うのには、僕の原体験が絡んでいるからです。

 

 

時は遡る事、小学5年生

 

大阪に住む大門佑紀くん

基本的に人気者で常にグループの中心人物。イエーイ

 

がしかし、

 

東京に引っ越したことがキッカケでコミュ障になる。

 

その後

 

・グループで話すのが苦手。

・人の目を見て話せない。

・新しい事にチャレンジ出来ない。

・マイナス思考。

・味方じゃない人をすぐディスる

・引き籠る、、、etc

 

僕はこんな人間になってしまった!(笑)

 



 

大学1年の夏休み明けには半年くらい家で引き籠りも経験しました!(笑)

 

当時は、自分自身「このままだと人生やばいなー、どうしよう、、、」

 

と思いつつも、どう行動すればいいか分からない。というか、行動も出来ない。

 

人生詰んだな、、そう思っていた時に

 

高校の親友にチャリ旅を誘われた。

八王子から、山梨県ほったらかし温泉まで90キロ(※真冬の山道でママチャリです)

 


 

 

 

まあ、そんなチャリ旅をしてる時に、親友に人生設計をしてもらったんですよね。

 

友人「お前はホントは何がやりたいんだ?」「じゃあ、どうやったらそれが実現するんだ?」などなど

 

一緒に自分の人生がどうやったら上手くいくのか考えました。

 

 

そして、最後に言われた一言

出来るか出来ないかじゃない。やるかやらないかだ!

 

 

この一言をチャリ旅で聞いた事がキッカケで「自信の無い自分」を変えることに成功しました。

 

いまでは

 

「モブキャラの人生」から

「主人公の人生」になりつつある。

 

 

だからこそ、昔の自分みたいな

 

自分の事をモブキャラだと思っていて人生諦めている奴を開花させたい。

 

 

そんな事を、ずっと思っている。

 

でも、思っているだけでは実現しない。

 

 

なので、プロジェクトを立ち上げることにしました。