経営を知ると人生が捗るよ!

~経営という手段を用いて仕事・私事の両サイドで使える話を書いていきます~

環境は大事って言うけど、選ぶ基準は○○って知ってた?

f:id:yuuki2262:20190210162540j:plain

 

お疲れ様です。

大門です。

 

今日はタイムリーなネタで攻めます。

 

ちょっと意識が高かったり、本格的にビジネスの世界で戦っている人は

 

環境って大事って話をよく聞くと思います。

何で大事なのか?って話は別の記事で書こうと思いますが

 

端的に言うと、環境で自分の未来が決まるからです。

 

 

高校野球で例えたとしましょう。

 

田中君という中学生は中学で野球をやっていました。

目標はプロ野球選手になる事です。

 

高校に進学する際にA、Bどちらの高校に行くべきでしょうか?

 

A:甲子園を目指してガチで野球をやっている高校

B:楽しく野球出来れば良い。甲子園は目指さない高校

 

Aに行った場合、練習がきつかったり、悩むことも多いでしょうが

レベルの高い環境で、レベルの高い仲間と切磋琢磨出来る事が想像できます。

 

Bに行った場合、練習は緩く、楽しく野球が出来るかもしれませんが、野球の上達は遅く、試合にも勝てず。といった事が予想されませ。

 

 

何を言いたいかというと、

自分の理想像からの逆算で環境を決める事が大事という事です。

 

田中君はプロを目指しているわけなのでAの高校に進学した方が良いですが、

仮にプロを目指して居ないのであれば、Aに行く事が正しいとは限りません。

 

 

文章で書いてみると簡単ですが、多くの人は出来ているか?と言われると

出来ています!というのは難しいのではないでしょうか?

 

自分の理想像・在り方に対して、必要な能力や知識を出すのが先決です。

※ここは出来るだけ具体的に出すのが死ぬほど重要です。

 

それ後、その能力や知識を得られる環境や仲間を選ぶのです。

 

 

もし、そういった逆算をしない場合、道に迷います。

理想像を具体化しない場合、すべての環境や仲間が良く見えてしまうからです。

 

なんとなく金持ちになりたいなーって思っていたら

野球選手、サッカー選手、作家、芸能人、社長。何でもありです。

 

そうすると所属する環境や仲間がぶれてしまい、あれやこれや回っているうちに時間だけが過ぎていきます。

 

だからこそ、環境を選ぶ際は、まず自分の理想像を出来るだけ具体化する事が大切です